【初公開②】あるクライアントの生の声_その後の結果


 

こんにちは♪

ZEROチーム・コーディネーターの川上です。

 

 

前回、部下育成の悩みを用い、リーダーとしての自信を失っていたクライアントが

自分のネガティブを開示することに挑戦する。

というのを、クライアントが私に送ってきたチャットの原文を通してお届けしました。

前回のブログはコチラから 

 

 

ネガティブな気持ち」を部下に伝える恐怖心を抱きながらも

当日、クライアントは部下と面談をして、自分自身と向き合い、

部下と向き合い、素直にその気持ちを伝えました。

 

 

その結果、どうなったのか?

 

 

 

以下、クライアントの原文を元にお伝えします。

 

 

 

(実際のチャット内容)

 

川上さん。

今日、部下のAさんに想いを伝えてきました。

 

 

リーダーとして

 

・本当は不安であること

・今まで背伸びした自分でいたこと

・これからは等身大の自分でいきたい、その中でみんなで同じゴールを目指して頑張りたいと思ってること

・僕だけの力じゃ小さすぎること

・Aさんを心から信頼して、今後接していく、Aさんが困ったことがあれば、全力でサポートをすること

 

沢山話をしました。

 

そしたら、

”今までは僕のレールに乗せられている感覚だった”と言われました。

 

ここからは、Aさん自身でも作り出したい未来を考え、それに僕の力が必要な時は相談をする!

と言ってくれました。

 

 

すごい怖かったです。

こんな上司嫌だ!って言われると思っていました。

 

 

 

結果は、

Aさんのモチベーションがグンとあがり、「私がやらなきゃ」と思ってくれるようになりました。

 

そして何より、創り出す未来を”楽しみにしているような表情”をしていました。

 

 

最後にさらに嬉しいことがありました。

 

「私、今辞めることを一旦保留にして、今やりたい新規事業を創り出すことに全力を尽くします!」

 

と言ってくれました!!

 

僕思わず目に涙が浮かびました。

一緒にやろう!!」と、堂々と言えた自分がいます。

 

 

これが等身大の自分でいることの、弱みを見せることの、人としての強さなのかなと思いました。

 

まだ始まりです!

 

組織づくりは等身大の自分を受け入れることから始まる、ということがすごく腑に落ちた1日でした!

これからも等身大の自分で、全力を尽くしていきます!!

 

 

ーーー(ここまでが原文)ーーー

 

 

いかがでしょうか?

 

私は、このチャットを見たときに、クライアントの気持ちがすごく伝わり、思わずウルッと涙しました。

本当に勇気のいる行動だったと思います。

 

そして、何よりも素直に等身大の自分自身を伝えることで、部下との信頼関係が構築でき

同じ方向にお互いが力を合わせて進んでいける状況を自ら創り出しています

 

これは、セッションをした私の力でもなんでもなく、クライアントが”行動した結果”です。

 

 

どんなに分かっていても、どんなに知識があっても、どんなに想いがあっても

結局は、己と戦いながら”行動”しなくては、目の前の課題は解決できません。

 

 

そういう意味では、目の前の課題を解決するためには、本気の”覚悟””勇気”が必要なのかもしれません。

 

 

その後、2回目のセッションでクライアントから以下の話を聞きました。

 

 

・部下のAさんが、社内で最も重要で規模の大きい案件の、プロジェクトリーダーをさせてください!と自ら申し出てきたこと

 

・他の部下とも向き合った結果、部下が目を輝かせて「一緒に良い会社を作りましょう!」とアイディアを沢山出してきたこと

 

・クライアント自身が、もっと他の部下とも向き合い、部下の描くビジョンを集結して会社のビジョンへと統合し実現に向けて動きたい!ということ

 

・部下に任せるという不安は100%拭えていないが、その不安も引き続き”部下に相談しながら一緒に解決していく”こと

 

・そして、社長が長年やってきたこと、何度も社長が伝えてきたことが「今となって分かった」ということ

 

・今までは、業務だけが先行して結果として、作業指示→部下=作業者という状態にしてしまっていたこと

 

・クライアント自身、自分のことだけを優先して、周りの人の声が耳に入っていなかったこと

 

 

沢山の、気づきと状況の変化を話してくれました。

 

 

私は、この話を聞いて

 

「このクライアントと周りの社員、この会社には”無限の可能性しかない!”

 

 

と、とてもワクワクした、楽しみしかない気持ちになりました。

 

 

 

私は、このクライアントが何も特別なことをしたとは思っていません。

 

このクライアントや会社や部下がだけが恵まれていた。とも思っていません。

 

どんな人も、どんな会社も同じような状況には100%なれる!と信じています。

 

 

だって、今この瞬間に存在しているから。

存在するために今まで自分なりに頑張ってきているから。

 

そんな、頑張っていながらも上手くいかない。

誤解が生じている。すれ違いが起こっている。

 

そんな”チーム”をサポートするのが私の使命だと思っています。

 

1つでも多くの「ZEROチーム」が誕生するの願って。

 

 


 

①会社を1人でリードしている経営者向け

これからの時代の“経営ビジョンセミナー“

https://peraichi.com/landing_pages/view/keiei-vision

 

①1人で頑張ってきたあなたに送る

“体験個人セッション“受付中。

http://vision-projects.jp/breakthrough/

※Skypeセッションも可

 

③いつでも、どこでも、なんどでも、隠されたノウハウが手に入る“オンラインサロン“

http://vision-projects.jp/onlinesalon/