【第一回 企画相談会】わず。


はいたい!
ビジョンプロジェクトの中村理乃です。

昨日は初めての【企画相談会】を開催しました!
企画相談会は、
[企画]の相談・質問なんでもOK!
[企画]について話そうよ!
という会です。

月に1度くらいの頻度で定期的に開催にしていきますので
興味のある方は是非ご参加くださいね(^o^)

ちなみに、第二回目は
2/19(火)19:30~
場所:ビジョンプロジェクト
上記の日程で開催いたします!

・コンペで勝てなかった企画をもとに何で負けたか分析したい
・今狙ってるコンペに、どうしたら勝てるか相談したい
・企画について質問したい!コツが知りたい!
・過去の企画事例をみせて欲しい

などをお話ししたい方、ご参加お待ちしております。

 

ここでちょっとだけ、第一回目である昨日の企画相談会の様子をお伝えしますね。

昨日は、とある会社のデザイナーお二人にお越し頂きました。
終始、笑いの絶えない会!
たった一つ、失敗をあげるとすれば・・・

全然、企画の話ができなかった!!

 

ことくらいです。
でも、初回なので、それも良いですよね♪笑

とはいえ、全く[企画]について話していないわけでもないですよ!
個人的に印象に残った場面をお伝えします。

(企画についての話題の中で)
参加者さんから「そもそも、[企画]って何を指してます?」
という問いかけがありました。

それをきっかけに、それぞれが思う[企画]の定義を話しました。

・[企画]と言われると何か分からなくなってきた
・企画は箱・枠組みだと思う。
取り組みや、やることを組み立てること。
・企画は誰かの“やりたい”という想いを形にするスタートに携われること。

昨日の相談会ではそんな意見が上がりましたよ♪

 

このブログを読んでくれている“あなた”にとって
[企画]とは何でしょうか?

 

Google先生にきいてみると
「ある事をするため、計画を立てること。もくろみ。」
と答えてくれました。

人それぞれの解釈がありそうな[企画]ですが
私はその言葉を

「何かをするときに、共通認識を持つために必要なもの」

だと解釈しています。

同時に、私の思う[企画]には[未来]が必ず含まれます。
企画の仕事をやっていると、
企画書を作ることやプレゼンの場がゴールだと思われがちです。

でも、本当はそうではなくて
企画が採択された後、[未来]がどうなったのか
のほうが重要なんです。

私の師匠、我那覇聖さんはよく

と仰います。

企画書は通過点であって、ゴールではない。
企画書通りにコトが運べば、どうしたらより良くなるのか
企画書通りに進まなければ、どうしたら改善できるのか
…というように、企画は終わることはありません。

だから私は「未来を創る」という[企画]が大好きです!
そして、一人でも多くの方と
より良い未来についてお話しして、カタチにしていきたいと思っています。

 

企画相談会では、
企画に関する技術的な相談以外にも
こんなことを考えているけど、どうしたら実現できると思う?
こんな未来を創りたい!他にアイディアないかな?
みたいな会話ができる会にしたいなーと考えておりますので
皆様、遠慮なくご参加くださいね♪

ちなみに、
「企画書」をゴールにした場合
採択されたは良いけど全然動かない…結果が出ない…
という結果になってしまいがちです。

ビジョンプロジェクトの[企画]特徴の一つは『共感』
企画書をゴールにしていないからこそ
相手や関係者の共感を得ることができます。
そのことについても、いずれブログで書いてみようと思いますので
お楽しみに\(^o^)/

[企画]に関するお仕事、募集中です!
ご連絡はコチラまで↓

info@vision-projects.jp (担当:中村)

 


Information


●企画相談会 第二回目 開催します!

日時:2/19(火)19:30~
場所:ビジョンプロジェクト
※参加無料