アドバイスをするリーダーが組織を崩壊させる


 

こんにちは。

ZEROチーム・コーディネーターの川上です。

 

最近、本当の意味での“チーム“という輪郭がハッキリしてきました。

 

その“チーム“がどのようなチームなのかは、追い追いクライアントの実例をもとに、お見せできるようにします。

(個別に聞きたい方は、こっそり教えますので、弊社に遊びに来てください)

 

 

さて、タイトルにある

「アドバイスをするリーダーが組織を崩壊させる」の意味について触れていきますね。

 

 

その前に、よくありがちな組織・チームの現状として、社長やリーダーから

 

 

「中にいる人たちが動かない」とか

「力を合わせ切れていない」とか

「チャレンジ精神がない」とか

 

 

という声をよく聞きます。

 

 

組織・チームとして形は存在しているものの、実際には、思うように”機能”していないという状態ですね。

 

 

一体何がそうさせる原因なのか?

 

 

 

答えは

 

 

組織・チームの中に”人”が存在しないから

 

 

というのが答えです。

 

 

「え?人が集まっているから組織やチームなのに、人が存在しないってどういうこと?」

と思いますよね。

 

 

はい。人が存在していないんです。

 

 

 

揶揄して極端な言い方をしましたが、

具体的に言うと自分のことしか考えずに、周りで起こっている問題や課題に対しては他人事になっている状態です。

 

 

その状態を私は

 

その人のいる意味がない存在意義がない存在しない

 

と言う表現で書きました。

 

 

中には、自分の周りで起こっている問題や課題に対して、一生懸命に「アドバイス」「解決方法を伝えている」という”お助けマン”的な人もいます。

 

 

が、実はその”お助けマン”他人事で厄介な人になっています。

 

 

どういうことか?というのを組織の上司・部下のやり取りで表してみたいと思います。

 

 

 

<他人事の上司>

 

部下:「◯◯の業務が中々進まず困っています。担当者のスピートが遅く、やる気があるのか?何を考えているのか?がわかりません。どうしたらいいですか?」

 

上司:「担当者ともっとコミュニケーションの回数をとって、作業進捗を管理したらいいよ。」

 

部下:「はい。わかりました。(・・・・)」

 

(後日)

 

上司:「◯◯の業務は完了したか?」

部下:「すみません。まだ終わっていません」

上司:「なんで終わっていないの?担当者とコミュニケーションとった?作業進捗管理した?」

部下:「はい。やってみたんですけど、、、」

上司:「何やってんの?もっとコミュニケーションとってしっかり管理して!」

部下:「わかりました。頑張ります。(・・・・)」

 

 

 

いかがでしょうか?

よくありがちなケースですよね。

 

 

部下のことを思って、アドバイスしている上司。

他人事には見えませんよね。

 

でも、これ立派な「他人事」なんです。

 

 

解説しますね。

 

部下が「困っている」と言っている時点で上司に「助けて!」というサインを送っています。

部下の心情からすると、「もう1人で解決できない限界がきている」という状況です。

1人でやる限界がきている部下に対して、上司がどんな”アドバイス”をしたって、結局やるのは部下1人。

1人で解決できない限界がきているのに、1人でもう一回別の方法でやれ!って言われても解決できるはずがありません。

 

 

この場合、正しい上司の対応方法としては

 

「よし!わかった!俺が担当者に指導してくるから。見ててね」

 

と上司自ら動いて実践して示すこと。

 

 

そうすることで、部下は上司に信頼と尊敬の念を抱きます。

この2人の絆は強くなるでしょうね。

 

 

 

組織の中で、よくありがちな課題として「管理職」「役員」が動かない!

というケースが多々あります。

 

 

その場合、管理職や役員が「管理」するだけ。という勘違いをしている場合があります。

 

 

強い組織を作るためには、社長も役員も管理職も社員も「動く」こと。

動き方が分かる人、解決方法が分かる人から率先して「動く」こと。

それを後輩に見せること。

 

 

そうすることで、次世代はどんどん育っていきます。

 

 

自ら動こうとしないで、口ばかりでいかにも”お助けマン”を演じて他人事の上司。

 

 

そんなリーダーになっていませんか?

 

 

今一度、自分を律して成長していきましょう。

 


 

1人でやる限界を感じているあなた。

各種イベントへのお申し込みお待ちしています♪

 

①仕事組み立て方の根本が学べる課題解決塾

http://vision-projects.jp/businessperson/

 

②個にフォーカスした、あなただけの体験セッション受付中

http://vision-projects.jp/breakthrough/

※Skypeセッションも可

 

③いつでも、どこでも、なんどでも、隠されたノウハウが手に入る”オンラインサロン”

http://vision-projects.jp/onlinesalon/