失敗しない”組織づくり”・”チームづくり”とは?


こんにちは。

ZEROチーム・コーディネーターの川上です。

 

最近、つくづく思うことがあったので

ブログでその想いを綴ります。

川上の他愛もない独り言としてお読みください。

 

 

私は、「ZEROチーム・コーディネーター」という

肩書きで活動していますが

 

この肩書き、一見すると「何?」って感じですよね。

 

私たち、ビジョンプロジェクトは

それぞれの価値観からくる、それぞれが最も大切にしているものを肩書きにしています。

 

肩書きといっても、簡単に決めたり、決まったりするのではなく

1人の肩書きが決まるまで、何日でも、何回でも、何時間でも本人が「ストン!」と腑に落ちるまで話し合います。

(私自身の肩書きも、相当な時間をかけて生まれました)

 

さて、この「ZEROチーム・コーディネーター」という肩書きですが

僕自身は長年、大組織の中でいわゆる「チームづくり」を沢山経験てきました。

 

専門分野としては「組織づくり」「チームづくり」ですが、一般的な「組織」「チーム」の概念とは異なります。

 

 

何が、異なるかというと

 

 

「組織」や「チーム」の箱を先につくらない。

 

 

という点です。

 

 

もう少し具体的に言うと、形の決まっているチームは作らない。

 

目に見えないチームでありながらも、しっかりとチームとして機能している。

というのが私の組織・チームにおける概念です。

 

 

人って、「箱」いわゆる「枠」があると、どうしてもその枠の中でしか動こうとせず、

その枠を作った張本人だけが、責任を持たされ、

中にいる人たちは、「知ら~ん」という状態になってしまいます。

 

 

そうすると、所属する1人1人の能力が開花せずに、結果としてチームとしての能力も発揮しません。

 

そんな状態になると、いつまでも「箱」「枠」を作った張本人だけが苦労している。とう状態になります。(会社経営もそれに近いものがあると思います)

 

 

「組織」「チーム」”箱”をつくる前に、

「個人」をつくる。個人の成長を促す。個人の枠を突破させる。

ということに焦点をあてています。

 

 

それが、私の組織づくり・チームづくりに対する信念です。

 

 

15年近く、ずっと組織づくりや、人の能力がいかに開花するか?を追求し続けた結果の答えでした。

 

 

もちろん、まだまだ追求し続ける部分は沢山あります。

その追求の先にある答えを教えてくれるのも、自分の周りにいるチームの人々。

(チーム=会社だけではなく、接点を持っている人全員含めてのチーム)

 

 

最近、組織づくり・チームづくりを進める中で、嫌いな?言葉が1つ出てきました。

 

 

昔はとても大切にして使っていた言葉ですが、今は嫌いな?言葉。

安易に使ってはいけない言葉だと認識して使っています。

 

それは、組織づくり・チームづくりにおいてもとても重要な言葉になります。

 

 

その言葉とは、、、

 

 

「みんなで決める」

 

 

一見、チームビルディングや、コミュニケーションを活性化するためには、他者の意見を聞きながら、「みんなで決める」「全員で決める」と言うことが一般的ですよね。

 

この「みんなで決める」と状況下で、物事の”決定”を行うと、結局は、誰が責任取るの?と言う状況になります。

 

みんなで決めた結果、誰かが旗振りして、誰かがリードしないと「動かない」「枠の中で指示を待つ」と言う状態が生まれます。

 

そうすると、「みんなで決めたじゃん!」「みんな賛同したじゃん!」”他責”が生まれる集団になります。

 

 

そうならないためにも、「みんなで決める」のではなく

「自分が決める!」という姿勢がとっても大事です。

 

 

個人が所属する環境の中で、本人が「やる」「やらない」かを”決める!”

それが一番大事です。

 

あくまでも、みんなで話すのは「目指す方向性」”共有”することであり、

目指す方向性が共有できたら、そのゴールに向けて、歩みだす方法は1人1人が自己判断で決める。ということです。

 

 

その状態にして組織やチームをつくらないと、結局は誰にも責任が無い「箱」「枠」が勝手に出来上がり、うまくいかないことや、失敗したことが起こると、そこにいる人全員が他責にし人間関係が崩壊します。

 

今の世の中の構図がまさにそのようになっているような気もします。

 

 

私が語っている組織づくり・チームづくりは理想論かもしれませんが、少なからずビジョンプロジェクトではそのチームが出来上がりつつあります。

私たちにできて、他の人たちにできないことはない。

 

 

これからも、個を軸とした箱や枠にこだわらない軸を持った個が集結した”軸のあるチームづくり”を目指していきたいなと思います。

 

 

なんか、自己紹介と決意表明みたいな感じになっちゃいましたね。笑

 

 

最後まで、他愛もない川上の独り言をお読みいただき

ありがとうございました!

 

 

(最後に「ボソッ」と独りごと。そろそろ県内でも「◯◯投票」という”みんなで決める”というのがありますね~)

 


 

◉ビジョンプロジェクトから、自分で”決める”ための情報をお届け↓

 

①人が行動に促される法則(動画)

 

②組織・チームづくりの根本が学べる課題解決塾

https://www.facebook.com/events/274237233253299/?ti=icl

 

③個にフォーカスした、あなただけの体験セッション受付中

http://vision-projects.jp/breakthrough/