弱いリーダーだから、最強のチームが作れる


こんにちは。

ZEROチーム・コーディネーターの川上です。

 

 

リーダーや経営者の方々と話をしている中で思うこと、

 

組織や団体の「リーダー」って大変だな。

 

と。

 

 

今日も、セッションで1人のリーダーと話しました。

悩みとしては部下が退職すること。という切り出しでスタート。

 

「信頼しながら、一緒に同じ方向性に向かって進んでいく組織を作りたい!」

 

と願いながらも、なかなか上手くいかない、、、。

と悩んでいました。

 

 

このリーダーだけではなく、他の経営者の方々も同じような悩みを抱いていると思います。

 

 

リーダーって究極の「自立」に向かっている立場・ポジションだなと思います。

 

 

だって、先を歩く人がいないんですよ。(その先は崖かもしれないし)

 

先を歩いらた、歩いた分だけ、その後から人が着いてきます。

お客様や取引先、社員など。

 

加えて、その着いてくる人に対しての「責任」も加わってくる。

 

 

先に歩めば歩むほど、「責任」がどんどん加わってくる。

相当な重圧ですよね。

 

 

後からついてくる人=応援者になるので

その応援する人の期待も裏切るわけにはいかない。

途中でやめるわけにもいかない。

そんな状況なわけですよ。

 

 

 

一般的には

 

「リーダー」=「強い」とか

「リーダー」=「前向き(ポジティブ)」とか

「リーダー」=「全てできる」とか

 

思われがちですが、そんなことはないです。

 

ただ、「先」を歩いただけですから。

 

 

同じ人間ですから、

「弱い」部分もあるしできない自分に「後ろ向き(ネガティブ)」になることもある。

 

後ろを着いてきている人の数を見ると「不安」以外の何ものでもないと思います。

 

 

その「不安」「恐れ」を見せないのも”リーダー”

だって、組織や団体の士気が下がるから。

 

 

でも、本当はとても「不安」だし「恐れ」を持っているのも事実。

そのリーダーが抱える悩み(不安・恐れ)を、後ろをついてくる人(社員)が

分かってあげることができると、チームとして強くなれるんじゃないかな。

(誰かー。リーダーを休ませてあげてー。代わりに俺がリードします!って言って)

 

 

リーダーこそ、

誰よりも孤独

誰よりも不安と恐れを持ち

誰よりも、人のことを大切に考えている

 

 

そんなリーダーを支えたい!助けたい!「不安」や「恐れ」を分かち合って

一緒に克服したい!という人が側にいるだけで、心強いと思います。

 

社員諸君。今こそ不安を抱えるリーダーを救って欲しい。

 

弱さを持ったリーダーだから、組織は強くなれる!

 

 


※受付中のイベント等↓

 

イベント①

https://www.facebook.com/events/683336348727039/?ti=icl

イベント②

https://www.facebook.com/events/274237233253299/?ti=icl

体験セッション受付中

http://vision-projects.jp/breakthrough/